So-net無料ブログ作成

全身麻酔というもの 第二夜 [健康]

こんにちは

少しまめに更新しようと思っているのですが

また間が空いてしまいました。


前回は全身麻酔の幻聴や幻覚について

書いてみました


実はまだあるので続きを書こうと思います、


まあ、面白いかどうか分かりませんが

お付き合いください。



第二夜 こんな夢を見た
(起きていますので夢ではないのですが)


病院の消灯時間は早い

いつものように午後9時になると

強制的に電気は切られてしまう


看護婦さんが一回り様子を見て回る

私はまだ容易に動ける状態では無いので

ベッドの横に置いてあるラジオで

ナイターを聞くのが数少ない楽しみだ


試合が終わるのは大体10時ころ

地元のチームなので放送は延長して

試合が終了するまで放送してくれるのが

嬉しい限りである


試合が終わるとラジオのスイッチを切り

何とか眠りに付こうと思うが

昼夜関係なく眠くなったら寝ているので

大体しばらくは眠れずに天井を眺めている



すると右隣の部屋で映画を見始めた様だ

それも映写機(多分古い)らしく

映らないとか言いながら機械と格闘している様だ


それでも何とか上映が始まったらしい

すると何故か私の部屋の天井にも

映像が流れ始めた


時代劇である

それもかなり古いもので

コマ送りを早くした程度の映像で

カタカタという動きだ


しかもフィルムの上下にはコマ送りの穴?

専門的には何と呼ぶのだろう?

が、ある様な映画である


当然昔の時代劇なので無声映像

それでもベッドで寝ている事しかできないので

ぼーっとそれを眺めていた


しばらくすると映像が途切れてしまった

隣では一人で怒っている声が聞こえる

どうやら映写機が壊れた様だ


再開を待っていたが

どうやら無理の様だ


その後二度と映画を見ることは出来なかった。




どうですか?

今でもその時の映像の一部が

頭に浮かびますよ(笑


更に付け加えますと

私の病室が右端だったので

当然右隣に病室はありませんし

病室が無いので入院患者がいる訳もないですよね


正常な状態の時に

こんなことが起きたら霊が~

とか、恐怖におののくでしょうが


幻聴、幻覚モード中なので(笑

普通に受け止めているんですよね



しかも病院で夜中に映写機って(笑

これも普通に受け止めているんですね


まあ、前回同様この辺は大人しくしていますから

いいんですけどね(ベッドで寝ているだけなので)



まだ、やらかしていることもあるので

その辺は今度書きますね


夢十夜風シリーズはあと1~2回で止めにして

早く現在の状況を書けるように

追いつかなければとは思っていますので・・・




それでは、また次回です。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。