So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

いよいよ手術開始です [健康]

ちょっと体調を崩してしまい暫く間が開いてしまいました。

これからいよいよ手術というところを書いていこうと思います、なにせ体にメスを入れるのは生涯初ですから不安だらけでした、しかし病気がわかった以上覚悟を決めて臨みました。

手術前、内科や外科、当日執刀する先生達からいろいろ手術の説明を受けます、外科の先生からポートを埋めておいたほうが毎回点滴のたびに注射を打たなくて済むので埋めておいたほうが良いよと勧められたのでまずはこの手術受けることとする、簡単な手術と思いきやこれが人生初の手術台となります、今も右の鎖骨のところに入っていてこれを使って治療をしていますがもしこれが無かったらあと何十回何百回と多く注射をすることになるのだろうと思います。

手術の説明でリスクについての説明の際「腹膜炎」についても受けました、合併症としておきることはあるが確率は5%程度と低いのでまず大丈夫でしょうということでした、この腹膜炎が後の大きなキーワードとなることはこの時点では知る由もありませんでした。



いよいよ手術当日、2日前に手術台を経験していたのでわりとリラックスしていました、手術前に痛かったことといえば背骨の腰の辺りに入れておく点滴くらいでこれにしてもこれから始まる痛さから比べるとほんの些細なものに過ぎませんでした。

そして手術台の上へ、先生が「大丈夫だから安心してと言い」いよいよ開始、麻酔の薬とその量をカウントしていく先生の声が聞こ・・・・

そう、あっという間に夢の中です、目が覚めると病室へ戻っていました、当然のことながら麻酔で寝ている間のことはなにも覚えていません。

手術は午後3時から5時間の予定で始まりました、実際には8時間ほどかかりましたがとりあえずは無事成功とのことでした。

内視鏡を使った手術なので切る部分も最低限で済み翌日にはトイレなどへも一人で行けるくらいの状態でした・・・

合併症を起こすまでは

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。